ちょっと専務~。は~い?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Σ
なんかよくわかりませんが、ブログの訪問者を見て見ると知ってる名前がちらほら。

あんまし人に宣伝してないのでどっから調べてきたのかな~?
ぶっちゃけパソコンとか全然詳しくないので
どうやって来たのかち~っともわからんのです。

すっごく書きたいことがあったけど旅行記を片付けてからにします。



京都旅行2日目。

ラブホで目覚める、気分は最悪、なんせほとんど寝てないですから。
現地で旅行雑誌を眺め目的地決定。

目指すは銀閣寺(ベタだな、でも最初に金閣寺目指さないあたりズレてます)
元々旧跡などを見たいってのが旅行の目的なんです。
おっさん臭いとか言わないように><

まあ、正直二日目は腰が痛い以外におもしろいネタはないんですよ。
唯一おもしろそうなネタを紹介。

宿に行く前(2日目は流石にリザーブした)最後に二条城を見学することに。
うぐいす張りなどで有名な名所ですね、徳川家康の別荘なんですよ。

ふと電話機が見えたんですよ、まあ世は平成なので電話なんかめずらしくもないんですが、
歴史的建造物に電話?
俺は「まあ、警備員が緊急時の連絡とかに使うのかな?」程度に思ってたんですがまことが、
まこと「なあ、電話あるよ?似つかわしくないよな~」

この一言で恥ずかしい思いをすることに><

まる「ばっか、まこと、こう使うんだよ」

家来まる「殿、幕府から電話であります」
徳川まる康「なにごとじゃ~」
       「うむ、ふむふむ、わかった、出立の準備をせい!」
       「反幕じゃ~!!
反幕:このときの造語、幕府に謀反を起こすって意味です、
   おそらくこんな言葉はありません。

まわりの係員のおばちゃんがものっそい笑ってるんですよ。
顔から火が吹く思いだったんですがまるは至って幸せそうでした・・・。

夏は海パン一丁で山の小さな滝に飛び込み、冬は屋根から雪目掛けてダイブ。
田舎育ちなんでずれて育ったようです(==;
(まるがね・・・)

んで、皆で宿に向かったんですけど、関西の交通マナーの恐ろしさを知った夜でした。
信号は無視する、まだ赤信号なのに飛び出す・・・
これでよく事故が起きないな~って感心しましたよ。
(実際は事故が多いらしいですけど(汗))

はい、これで二日目は終わり!!
・・・
・・・・

ゴメンナサイ、これじゃあまりにアレなので3日目のも書きますね・・・



旅行3日目

前日ゆっくり寝たので幾許か腰の痛みが和らいでいて幸せな朝の一時。
(ちなみに旅行中は慢性的に腰痛に悩まされてました)
朝食兼昼食かつお土産買いに嵐山へ。

車を停め歩いていると目の前には鳩の群れが。
人慣れしてるせいか逃げようともしないのですが
そんな鳩も逃げ出す奇行を遂げるもの、まる・・・

まる「ぽ~っぽっぽっぽっぽっぽ・・・
鳩に向かい奇声を発し突進する21歳。
傍から見て笑ってたんですが、やっぱ事件が起こる。
イカツいシュワルツェネッガーみたいな外国人観光客にめちゃめちゃ怒られてます。
彼がいる限り笑は絶えないんでしょうね^^;

まあそんなかんなで昼食を摂り「次どこ行く~?」ってな話しをしてたら、
また まる が暴走するんですよ・・・

まる「よし、午後2時だし、天の橋立見にいくか」

・・・
あの・・・
嵐山から高速使っても橋立まで100キロオーバー。
宿には6時までに入ってくれとのお達しが。
俺「間に合わないだろ、明日でいいんじゃね?」
まこと「ぴっぽっぱ、目的地までおよそ140キロメートルです、
    2時間半くらいかかります、料金は○○円です」
(いつの間にか俺の車のカーナビの操作覚えてるし・・・)

まこと「よし、行こう」

もう逆らえません・・・
往復で5時間、なにもしなくとも宿に遅れること決定です!


話しは一気に飛んで橋立に。
やっぱすごいです、美しいです、感動です、宿の時間が心配です!?
で、聞いた話によると、この近くに瀬戸物の小さいお皿みたいなものを
投げ、幸せだとか健康祈願とか、そういうありがたい場所があるとのこと。

コンビにに立ち寄り聞いて到着。

一人3枚で150円くらいだったかな?まあ人がいないのでお金入れなくても
ばれないんですが、やっぱこういうのはお金入ればいとご利益がないと思えたのでお金入れてきました。

まる「たーぼー、ちょっと手伝って~」
俺「(*'ω'*)......ん?」



俺「エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜


この続きはまた後日><b
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。